HOMEコース案内小学生 > 中学受験コース

中学受験コース

学びの森では地域に密着し、埼玉県北部にある、

本庄東高付属中学校、東京成徳深谷付属中学校、東京農大三中学校

を中心に受験を目指す、生徒1人ひとりの受験教科や学習定着状況などの学習ニーズに応え、志望校合格を応援して行きます。

毎回授業の冒頭で、計算や漢字等の単元テスト
中学受験においての計算問題や漢字問題での失点は受験合格には命取りになります。また、文章問題でも問題を解いていく上では、途中式や、文章読解など計算や漢字は必ず出てきます。
学びの森では、まずは、基本となる計算、漢字強化を目的とし、毎回授業の冒頭で、

計算や漢字等の単元テストを行い、

繰り返し行うことで基本の確立とケアレスミスを無くし、また、合格基準点をクリアすることから、点を取ることの充実感を感じてもらいます。

中学受験では自ら机に向かう自律学習力が無くては、中学受験合格は望めません。勉強が嫌いになってしまっては、自ら机に向かわなくなり自律学習は出来なくなってしまい、学力向上は望めなくなってしまいます。

4・5年生では基礎をしっかり固めて受験に対する準備とともに、勉強に対する楽しさや興味を持ってもらい勉強に対する嫌悪感を払拭し受験に向けての土台を作ります。

どの問題で確実に点数を取るかの計画や戦略を立て合格基準点到達を目指します
6年生はより志望校合格を目指し、
前半では基礎力の確認、または、養成から応用発展まで幅広く学習して行きます。基礎学力が無くては中学受験には太刀打ちできません。

学びの森個別指導の特性を生かし、まだ基礎力のついていない教科や単元、また抜け落ちてしまった所や苦手な教科をしっかり復習し、応用力を身に付ける準備を行います。

6年生後半では、
中学受験対策講座と並行して、応用力やアウトプットの徹底を図るとともに、引き続き抜けている箇所の最終チェックを行い、その単元の穴埋めを徹底していきます。

中学受験3か月前では、受験校の過去問題集や同レベル校の問題集または、模擬試験から、志望校合格に必要な点数を算出し、どの問題で確実に点数を取るかの計画や戦略を立て合格基準点到達を目指します。

出題予想問題を繰り返し解き確実に合格点を取り、志望校合格を目指します。