HOMEコース案内高校生 > 高校生コース

高校生コース

① トレンドがあるのはファッションだけではない。大学受験にもトレンドがある。

現在の大学受験は非常に多様化しています。つまり、大学の入学の方法はひとつではないということです。


センター試験、一般入試、AO入試、指定校推薦など様々です。


何も知らずに大学受験に挑戦するのは非常に危険なことです。
「戦に勝つにはまず相手を知る」ということですね。
保護者の方が受験した時とは大きく変更しました。まずは、学びの森にお気軽にご相談ください。

映像授業と講師指導のダブル指導

学びの森では一流のプロの講師の授業を映像で見ることができます。定額で見放題なのです。


やる気さえあれば2~3週間で1年間分の内容を学ぶことができます。


自分がもっとも苦手なところを克服する、受験に向けて予習する、テストに向けて復習するなど様々な要望に応えられるコンテンツになっています。学校では教えてくれない解き方なども学ぶことができます。

また、講師指導と併用すれば、映像授業でどうしても分からなかった個所を直接学ぶことができるので、効率よく学習することができます。自分に合ったスタイルで学んでいきましょう。


 
高1 受験は長期戦
大学受験の鉄則「参考書<教科書」

書店に足を運ぶと、魅力的な参考書が所せましを並んでいます。それを買えば、成績がうなぎ上りに良くなっていきそうな雰囲気を醸し出していますね。
しかし買ってみたはいいものの、数週間後には参考書はタンスの肥やし状態。やってみたけど、うまく理解できないなんてこともありますね。誰もが一度は経験することですね。

さて、高校の内容は今まで以上に難しくなり、さらに量もかなり多くなります。また、授業の進むスピードは中学校とは比べ物になりません。予習をしてきているのを前提とし授業が進んでいくので、先生も深くは教えてくれません。


そう・・・
分からなくなったどうしようもないのです。


高3になってから受験勉強を始めては全く追いつきません。
つまずいてから対策をするのではなく、つまずかないように対策をすることが何よりも大切になります。

学びの森ではまず、「教科書徹底指導」をしていきます。学校で分からなかった箇所を徹底的に指導し、予習・復習をしていきます。
教科書で分からない問題が一問でもないように取り組んでいきます。

「教科書レベルで分からない箇所がない」ということが最も大切なことです。
参考書を使い理解を深めるのはそのあとでも十分間に合うのです。

また、テスト前には自習室を広く開放し、いつでも質問できる環境を展開しています。高校1年生を成功させることが、大学受験ではとても大切になります。

高2 苦手を克服せよ
ここが勝負時「苦手×努力=チャンス」 

学校のクラスも文系と理系に分かれていく2年生は、学校にも慣れていく反面、気が緩み中弛みになる期間です。苦手な教科をそのままにして、ここで成績を落とす生徒も数多くいます。
高校1年生でつけた実力をここで落とすのは非常にもったいなことです。


高校2年生では「苦手徹底克服指導」をしていきます。


高校1年生からやってきた内容の中で特に苦手なものを克服していきます。苦手な教科は後回ししがちです。だからこそ、その分野をしっかり努力すればライバルを大きく差をつけることができるのです。

また、季節講習など長期休暇などを利用して、全国模試や大学見学などのサポートもしていきます。この期間は生活習慣を正し、成績を安定させましょう。
高3 受験までラストスパート
人生の分岐点「量×対策=合格」 

指定校推薦やAO入試は10月くらいには決まります。

それまでも評定平均がとても大切になります。

2学期までの成績をしっかりと上げるために1年生からの範囲を総復習していきます。また、一般入試やセンター試験を受験する生徒も、この1年で3年間分の総復習をしていきます。映像授業を駆使してレベルアップを図ります。

最後はしっかりとした勉強量と対策が大切になります。学びbの森では実践的な指導と、面接や小論文対策も行い、志望校合格を目指します。

また、小まめに保護者の皆様と面談を実施し、大学入試の情報の提供、お子さまに一番合った受験スタイルのご提案などもさせていただきます。