HOMEブログ > 本庄校

本庄校

自分の「努力」を、効果的に「点数」に結びつけるために(後編)

テーマ:本庄校



「ゆっくりと1回」ではなく、「速く、3回」の方が効果的

スピードが遅いと、勉強は致命的に不利。問題を解くスピード、書くスピードを上げましょう。今までゆっくりと1回だけ問題を解くのにかかった時間で、同じ問題を3回繰り返せるようにしましょう。




単語や漢字は、紙に3回書き取りをするより、「空気ペン」で10回書け

書いたふりの方が速い。回数も多くできる。実際に書かなくても、覚えられる能力が身につく。

良いこと尽くめ!!




具体的な数値目標を持ち、強くイメージせよ

例えばスポーツでも、憧れている選手のプレーをイメージしてトレーニングすると、飛躍的に上達します。勉強も同じ。「○位以内にはいるぞ!」と強く目標を掲げ、一生懸命頑張る自分の姿をイメージしてください。本気で物事に取り組む姿勢ほど、美しいものはありません!




順位はテストで変わるのではなく、日頃の学習生活で常にアップダウンしている

成績を上げるとは、「順位を上げること」です。点数が上がっても、順位が下がってしまえば、成績が上がったとは言えませんね。皆さんは勉強する時に、この順位というものを常に意識してください。順位が上がるというのは、「周りの子より解ける問題が多くなる」ということです。順位が下がったということは、その逆で、「周りの子の方が、自分より解ける問題が増えた」ということになります。「がんばったけど、成績が上がらなかった…」と嘆く人がいますが、本当にそうでしょうか?



「過去の自分と比べて、今回の自分はがんばった」としても、周りの子があなた以上に知識や思考力をつけたとしたら、負けですよ。だから、たとえ1時間の勉強でも「周りの子よりたくさんの問題を、自分はできるようになったのか」と考えてください、自分より上の成績の友達と、想像の中で、競争するように。このように、順位とは常日頃の勉強でアップダウンします。テストというものは、その途中経過を表したに過ぎません。最後に笑えるよう、1分1秒の時間を無駄にせず、自分と戦ってください。




テスト後は必ず解きなおして、満点をとること

「テストのやりっぱなし」に成長はナシ!学校テストでも実力テストでも、問題用紙が手元にあるのなら、「テスト後にすぐ自己採点」→「できなかった問題の洗い出し」→「テスト前に何をしておけばよかったかを分析」することを習慣づけてください。くよくよしている時間なんてありません!

テストが終わった瞬間から、次の試験のための1歩を踏み出してください。




あらゆる失敗も全てプラスにすること

はっきり言って皆さんの学生時代の失敗など、この先いくらでも取り返しがききますし、社会に出てからの失敗に比べたら、ママゴトみたいなものです。また失敗をすることで、皆さんの人生は他人とは違う、より深く、より尊いものになるはずです。どんなに素晴らしく立派な人でも、その多くは過去に何度も失敗をして、それを糧に自分を磨き上げてきたのです。たとえ受験に失敗したとしても何を失うのですか? 怖いものなどありません。堂々と試験で戦ってください!

自分の「努力」を、効果的に「点数」に結びつけるために(前編)

テーマ:本庄校


「せっかくテスト前に一生けん命がんばったのに、思うように結果が出なかった」なんて人は多いと思います。

これが何回か続くと、「どうせオレは、がんばってもムダなんだ」「わたしと頭がいい人は別」などという思いに駆られてしまいます。


 けれども、あきらめないで!勉強のやり方や考え方をほんの少し変えるだけで、成績は想像以上にアップします。以下にその方法を書いたので、参考にしてください。



小学校の時の「いい子ちゃん勉強」から脱却せよ

小学生の時は、「新出漢字を1行ずつ書くように」と決められて、それをやりさえすればOK。でも、中学以降になると点数が取れなければ評価されません。つまり、できる問題は1回も練習しなくてもいいので、できない問題だけを、できるまで何度もやればいいのです。できない問題を、答えだけ赤で書いて終わりにしてしまう人もいますが、それだけではできるようになったとは言えません。きちんと繰り返して、確実にできるようにしてから次の問題に取りかかってください。



学校定期テストは「暗記」さえすれば、頭が良くなくても点数がとれる

数学や理科の問題が理解できなくても大丈夫。やり方さえ暗記して、とりあえず答えが書けるようになればOK。難しく考えるより、シンプルに覚える。頭がいい子より、要領のいい子が勝つのが定期テストです。



「学校ワークを、ノートに、2ページごとに暗記してはテスト」、これをテスト範囲全てやる

最初から直接ワークに書き込まず、まずはノートにやることをお勧めします。苦手な教科は、最初からワークの答えを見てもいいので、暗記してから自分でテストをしてみてください。



④ ②を2周やった後で、3周目に直接書き込みをして仕上げる

1周目、2周目にできなかった問題も、3周目ですべてできるようにしましょう。



「ノートまとめ」は、テスト1週間前にはやらない

まとめノートの提出が義務付けられている学校もありますが、1週間前には終わらせるように。テスト直前の1週間は、「暗記」「暗記したことが書けるかのチェック」に終始してください。



「ケアレスミス」で勝負は決まる

「本番でやらなければ大丈夫」と軽く流してしまう人がいますが、「どうすれば本番でミスをしなくなるか」まで考えなければ、同じミスを何度も繰り返すことになります。


例えば、「計算している時に、この途中式は省略しない」とか、「筆算を消さずに残しておいて、最後にもう一度見直す」など、ミスをしないような自分なりのルールを作ってください。それがクセになる事によってはじめて、ミスがなくなります。実は入試でも、難問で差がつくのではなく、ケアレスミスの有無が勝敗を決めます。「本気で無くそう」と思わない限り、ミスは決して無くならないことを肝に銘じてください。

学びの森J-STUDIO本庄校のルール

テーマ:本庄校


本庄校には、「ルールというものが皆無」なので、とりあえずざっと作ってみました。和気あいあいで楽しい雰囲気を保ちながらも、メリハリのある学習環境でありたいと考えています。当面、このルールに従って教室内では行動してください。

 


授業のきまり

  授業の最初に、宿題チェックと確認テストをします。

  授業中は、生徒同士の私語は禁止。先生と話すのはOK

  断りもなしに出歩かないこと。トイレは休み時間に行くこと。

  自習中の飲食は禁止。机の上に飲み物を置かない

  正しい姿勢で授業を受ける。足を組む、頬杖をつく、背もたれへの寄りかかり、横や後を向くのはNG

  「眠い」「ダルい」「疲れた」などのマイナス発言はしない。試験を受けるときと同じ緊張感で受けるように。

  わからない問題、できない問題は、すぐに先生に頼らず、飛ばして次の問題をやる。

  大問が終わったところで、○付けをする。

  できなかった問題は、テキストの問題番号の横に、ペンで☑をつけること

  できなかった問題は、まずは自分で解答・解説を見て、理解しようと努める

  解答・解説を見てもわからない問題を、先生に聞いてください。

  できるだけスピーディにこなしてください。スピードが遅い子はなかなか成績が上がりません。

  学校テストの範囲が出た後は、学校ワークを持ってきて、授業でやっても構いません。

  テストの前日のみ、翌日の試験の教科を希望しても構いません。

 



自習のきまり

  自習時間は、原則、()()17002200。それ以外の時間もできますが、その場合は、あらかじめ教室長に伝えてください。

  自習中の生徒同士の私語は禁止。友達と教え合ったり、話したりするのは休み時間に。

  自習は決められた席に座る。

  授業と同様に、フラフラ出歩かない。トイレは休み時間に行く。

  自習中の飲食は禁止。机の上に飲み物を置かないこと

  辞書や学校教科書、検定問題集など教室の教材を借りる場合は、教室長に一言伝え、返却する時も声をかけてください。

 



休み時間、その他の決まり

  食事や飲み物のごみは、教室に捨てていかないで家に持ち帰ってください。

  勉強に関係のない物、ゲーム、雑誌、小説、マンガ等は持ち込まない。

  携帯電話やスマートフォンは、保護者との連絡の場合はOK。それ以外の目的(ゲーム、動画、友達との会話など)では、教室内では使わないでください。

  提出物は期限内に提出してください。

  コピー機は使うときは、教室長に声をかけてください。

  ちくのう症、花粉症、鼻風邪の生徒は、ティッシュペーパーを持参してください。

  風邪気味や微熱があるなどで体調がよくない場合は、無理をしたり我慢したりせず、すぐに申し出て早急に帰って休むようにしてください。

  テキストの解答は、テキストに挟んで持ち運ぶこと。解答を忘れると勉強になりません。

 



宿題のきまり

  実施した日付、ページ、問題番号を必ず書く。

  宿題は「まるつけ」をして、「間違えた問題、できなかった問題をやりなおす」までやって、宿題完了。そこまでやっていない場合は、すべて宿題忘れ。

  「やったけど、持ってくるのを忘れた」も、宿題忘れ。

  「確認テスト」は、出題数×0.8(小数点以下は切り捨て)の正答率で合格。

  「宿題忘れ」「確認テスト不合格」「授業の進度がいちじるしく遅い」場合は、30分以上の補習。

 



講師の先生へ

  生徒とは「FRIENDLY」に接しても、「FRIEND」にはならないこと。教室内では「指導する立場だということ」を忘れない。

  依存度ばかり高くなって、先生が助けてあげないと何もできない生徒にはしないように。家庭で自立学習ができない子は、継続的に成績が上がることはありません。

  「どうすれば、この生徒が自力で学習できるか」を考えて、指導したり宿題を出したりしてください。

  常に学校の進度を確認し、その少し先の予習を授業で行ってください。

  宿題の量は、主教材4ページと、副教材4ページくらいが基準です。宿題が少ない教室の生徒は、成績が上がりません。

  一人一人に公平に接してください。積極的な生徒ばかりに偏らず、むしろ消極的な生徒に気を配るよう心掛けてください。

  一人の生徒を教えることに夢中になり、他の生徒が何をしているか気づいていない場面が多いです。なるべく、指導する生徒には背中を向けずに、常に全員を視野に入れるようにしてください。

  「話し上手は聞き上手」。勉強だけでなく、それ以外の事も聞いてあげたり、話してあげたりしてください。

「教え上手は褒め上手」。ほめる回数が多ければ多いほど、生徒のモチベーションは上がります。

夏期講習後半の過ごし方

テーマ:本庄校

1、暗記ものの総復習を徹底的に取り組む

『まずはこの夏休み中に英語と数学を何とかしなくては。』と思いがちです。しかし、社会・理科の暗記ものは受験間際だけで暗記しようとしても覚えきれませんので、今から繰り返し暗記をしてください。例えば、中学1年生で習った世界の地理は大体忘れていますので、残りの夏休み中に最初の単元から復習してください。理科も同じです。夏休みで復習をしても、大抵は受験本番までにまた忘れてしまいますが、今から何度か復習をすれば必ず覚えられ得点に結び付けられます。

2、教科書を活用する

理科、社会は教科書のコラム、データ、グラフ、図から入試の出題も予想されます。教科書を通読し、読み取って、意味するものを考えて、自分の考えをまとめるなどしてください。記述問題の対策にもなるはずです。

3、基本問題、計算・漢字または英単語演習をする

小学生は計算と漢字演習の時間を、毎日欠かさず取り組んでください。今からの継続が中学生になった時に、必ず役に立ちます。

また中学生は、計算・漢字に加えて、英単語も覚えましょう。 1日の勉強のスタートとして、毎朝15分ずつ計算と漢字また、単語の演習をすると、脳を活性化させるのに効果的です。計算や漢字・単語練習は毎日の繰り返しがとても重要になってきます。短期間ですぐにできるようになるものではないので根気強く続けてください。9月からの小学生・中学生高校生問わず、学習内容は各学年とも一段と難しくなります。

また、2学期制の中学では、夏休み明けに前期期末テストが待っています。

夏休みの後半もしっかりと復習・予習をし、自信を持って9月からの学習に向かっていきましょう!!

埼玉県公立高校入試、内申点って!?

テーマ:本庄校


通知票の成績・部活動の成績・検定の取得等を全て数値にし、これらを合計した点数のことを内申点と言います。

その中でも最も大きな割合を占めるのが「通知票の成績」です。学校での普段の授業態度や、ワークなどの提出物、そして定期テストの結果がとても大切になってきます。

 

埼玉県の公立高校受験では、入試日までに確定している中学校での内申点に、当日のテスト(国・数・英・理・社の5教科×100点=500点満点)の点数が加えられた、「内申点」+「試験の点数」で合否が決定します。


また、当日の試験の点数は「500点満点」と全高校決まっていますが、内申点の満点は高校によって異なります。例えば、熊谷高校の内申点は、335点満点(試験+内申835点満点)ですが、深谷商業高校では630点(1130点満点)と各高校それぞれに定められています。


面接試験を実施する高校もあり、熊谷商業高校などは試験500点+内申500点+面接30点合計1030点満点となっています。また、第一次選考と第二次選考でも内申点の比率は変わってきます。


 

内申点は、埼玉県の全公立高校すべて中学1年生最初から反映されます。中学校に入学してから、中学3年生の冬休み前までの成績が内申点に関係してくるのです。入試試験の結果も大切ですが、内申点を重視する高校は試験以上に、普段の学校生活や定期テストの結果も大切になってくる場合もあります。

 

「通知票の成績」は、学期ごとに出される通知票の成績がそのまま点数となります。例えば、オール3の場合は、3×9教科(国・数・英・理・社・保体・技家・音・美)=27点となります。オール5の場合、5×9教科で45点満点になります。


そして、3学期(後期)にもらう学年評定の成績が「1年間トータルの成績」になります。例えば1学期が「3」、2学期で「4」、3学期は「5」を取ったとしても、学年評定の成績が「4」であれば、これが内申点に反映されます。3年生は願書に間に合うように、2学期の成績(2学期制後期中間まで)が内申点になります。


  そして、内申点における通知票の成績の算出方法は、1年生の通知票が「27」、2年生が「30」、3年生が「32」だった場合、合計「89」となります。しかし、多くの高校は3年生の成績を重視しています。例えば3年生の成績を3倍で評価する高校の場合、27+30+96=「153」となります(1年:2年:3年の比率が「1:1:3」)。


この算出方法も高校によって違い、2年生を2倍・3年生を3倍(1:2:3)という高校もあります。

また、上記のほかに、「部活動」「委員会」「検定(英検・漢検・数検)」などの「活動の記録」が加点されます。これも、高校によって基準が違います。

 

そして「通知票の成績」と「活動の記録」が調査書という書類に記録され、高校受験の際に受験校へ提出することになっています。


算出された調査書の合計点に、各高校で決定した係数が掛けられ、合否の基準になるのです。

 

内申点を重視する高校は、例えば、通知表の成績が1つ上がるだけで、入試当日の5点分と同じ価値があったりするのです。


自分が興味のある高校や、通いたい高校はどうなっていのか、早いうちから調べておきましょう!

43df8b77ae08f65baa8ace315c8b6996